NEWS,COLUMN

会社の設立費用が安くなる?

株式会社を設立する際、まず、会社の根本規則となる定款をつくります。

その後、その定款が法的に不備がないか公証役場でチェック(認証といいます)してもらう必要があります。

その認証手数料は今までは一律5万円でしたが、来年以降、設立する会社の資本金の額によって手数料が変わることになりました(本日閣議決定)。

<現在>

資本金の金額にかかわらず一律5万円

 

<来年1月1日以降>

資本金100万未満       3万円

資本金100万以上300万未満 4万円

資本金300万以上       5万円

 

個人的には、資本金がいくらだろうと公証人の手間自体は変わらないと思うので、

この改正は公証人がちょっと可哀想だと思ってしまいました。

「起業の促進のための負担軽減」というのであれば、

設立時の登録免許税(一般的には15万円)を減税するほうがいいのではないかと思います。

最近は「資本金はピッタリ100万円」で設立する会社が多い印象でしたが、

来年からは99万円とかが増えたりするんでしょうか?

 

なお、資本金は登記事項のため、設立後、会社の登記事項証明書にその金額が公開されます。

100万円なら認証手数料4万円、99万円なら3万円

コストを意識するか、見栄えを意識するか

起業家の皆様いかがでしょうか。