不動産登記

担保設定の際の登記手続きについて

土地や建物(=不動産)を購入するために住宅ローンを組む場合や、自分が所有する不動産を担保に事業資金の融資を受けるような場合は、金融機関がその不動産に対して担保権(=抵当権や根抵当権)の設定の登記を行います。

<抵当権設定登記の際の一般的な必要書類>

  1. その不動産の権利証(登記済証又は登記識別情報)
  2. 印鑑証明書(3ヶ月以内)
  3. 実印
  4. 本人確認資料(免許証や被保険者証など)
<手続き費用の目安>