不動産登記

建物新築の際の登記手続きについて

建物を新築したときは、以下2つの登記が必要になります。

  1. 表題部の登記→土地家屋調査士に依頼します
  2. 権利の登記 →司法書士に依頼します。

一般的には住宅ローンなど融資を受けて新築することがほとんどですので、その場合、所有権保存登記とは別に、担保に入れる土地建物に対して抵当権の設定登記が必要になります。

<所有権保存登記の必要書類>

建物の所有者

  1. 住民票(法人の場合、登記事項証明書)
  2. 住宅用家屋証明書(個人の居住用不動産の場合)
  3. 本人確認資料(免許証や被保険者証など)

<報酬基準>