商業法人登記

定款を整備しましょう

定款とは、会社を設立する際に作成するその会社の組織や運営方法について定めた根本規則です。

会社をつくるときに作った「定款」 今どうなっていますか?

「どこにいったかわからない」
「設立後一度も変更していない」ということはありませんか?
 会社は、法律によって定款を本店に備え置くことが義務付けられており、株主や債権者からの求めに対し、正しい定款を提示するなど適切な対応が必要です。

 特に有限会社は、平成18年5月の法改正以降、「株式会社」にみなされていますが、御社の定款は、株式会社に対応した定款にきちんと書き換えてが終わっていますか?

 未だに「社員」「出資の口数」「社員総会」などの用語が使用されている場合は、まだ定款を書き換えられていない状態ですので、すみやかに書き換え対応する必要があります。

 金融機関など取引先に書き換え前の定款を提出した際、法改正に対応していない「コンプライアンス意識の低い会社」というイメージがついてしまう可能性もあります。

 

その定款は御社の実情に合った内容になっていますか?

インターネットや書籍を参考にして、適当に当てはめたものではありませんか?定款は会社にいざ問題が起きたとき、解決のよりどころになるものです。

  1.  役員の任期の設定は適切ですか?
  2.  御社に取締役会や監査役は必要ですか?
  3.  株券なんて発行したことないのに「株券発行会社」となっていませんか?

 

平成18年5月の法改正以後、「定款自治」の拡大により、法律では最低限のルールのみ規定し、定款で様々なことを自由に決定できるようになっています。当事務所は、管理・顧問契約を締結いただいた会社向けに、その会社の実情に合ったオリジナルの定款づくりのサポートをしていますので、まずは一度ご相談ください。