債務整理の手続き費用

各種手続き費用について

債務整理の手続き費用

  着手金 減額報酬 成功報酬

任意整理(※1)

1社あたり33,000

原則なし(※2)

取戻した

金額×20%

過払金

返還請求(※3)

なし

過払金返還

金額×20%
(※4)

  • ※1.引直計算後過払,時効援用事件を含む。元金1,400,000円以下に限る
  • ※2.ただし、相手方が積極的に争ってきたもの(取引分断・遅延損害金・消滅時効など)を減額又は免除させた場合、減額又は免除させた金額の10%を上限とする。
  • ※3.完済済みの事件。訴額1,400,000円以下に限る
  • ※4.ただし、業者廃業等により回収不可の場合や争点があった場合のゼロ和解の場合、任意整理の定額報酬に準じて1社につき33,000円
  • ※過払金返還請求事件を提訴する場合、別途,裁判所に納める実費(収入印紙、予納切手、資格証明書等)が発生します。また、内容証明郵便を送る場合、別途、郵送手数料が発生します。なお、訴額が1,400,000円を超え、司法書士の代理権を超えることが判明した場合は、すみやかにいったん業務を終了した上で弁護士を紹介するか本人訴訟支援に切り替わります。本人訴訟支援の場合の報酬は別途個別にご説明いたします。
  • ※完済後案件において、取引履歴取寄後、当職にて引直計算の上、過払いがないことが判明した場合、調査手数料として1件につき、5,500円(※履歴開示のみの場合は、1件2,200円)

  債権者数 手数料 実費
自己破産(※1)

5社以内

165,000円

  • 収入印紙 1,500円
  • 予納切手 債権者数に応じて
  • 予納金  約10,000円(同時廃止)
  • ※管財事件の場合200,000円~

5社~

10社以内

198,000円

10社以上
又は

自営業者

220,000円

個人再生(※2)

5社以内

198,000円

  • 収入印紙 10,000円
  • 予納切手 債権者数に応じて
  • 予納金 約130,000円(再生委員費用)

5社~

10社以内

275,000円

10社以上
又は

自営業者

330,000円

横にスクロールできます

  • ※1.個人破産のみ。法人破産は取り扱っておりません
  • ※2.住宅ローン特則利用+33,000円の加算がございます
  • ※自己破産・個人再生の場合、手続費用(報酬及び裁判所に納める予納金、収入印紙、予納切手等)は、裁判所への申立時までに必要です。
  • ※報酬の分割払いは、原則、支払いがストップした翌月から開始します(最大6回)
  • ※当事務所は現在「法テラス契約事務所」ではありませんので、「法テラス」の利用はできません